求人広告で仕事探し!確認しておくべきポイント3選?!

仕事内容を確認しておくべき!

仕事内容を必ず確認しておきましょう。希望の職種出会っても、会社によって実際に担う仕事内容は、それぞれ多少違いがあります。個人向けか法人向けかによっても仕事内容は変わるでしょう。自分が本当にしたい内容の仕事かどうか、求人募集に申し込む前に確認しておくことが大切です。書類選考に受かり、実際に面接した時に、思っていた仕事内容と異なったため辞退するとなると、会社側にも迷惑がかかりますし、自分の時間の無駄にもなってしまうでしょう。

給与についての確認を!

求人広告に記載されている金額がそのまま支給されると勘違いしてはいえません。求人募集に書かれている金額は、保険料などが差し引かれていない場合が多いのです。実際に差し引かれた金額が思っていたよりも安くなってしまい不満となってしまうこともあります。記載されている給与が手取りなのか、確認しておくと良いでしょう。また、ボーナスがあるのか、ボーナスがある場合は、年に何回なのかなども確認しておくと良いです。残業代や手当についてなども知っておくとなお良いでしょう。

福利厚生は整っている?!

福利厚生が整っているかも、しっかりと見るべきポイントだと言えます。社会保険である、四つの健康保険と厚生年金、雇用保険と労災保険がしっかりとあるかを見ると良いです。また、社宅や寮があるか、託児所があるかなども、知っておくと良いでしょう。社宅や寮、託児所については、求人広告には載っていない場合があります。求人広告で気になった企業のホームページなどを検索してみると、記載されていることが多いので、参照し確認ると良いでしょう。

CADオペレーターの業務内容は、それぞれのメーカーの事業によって、わずかな違いがみられますが、コンピュータグラフィックスの操作を上手く行うことが大事です。