働く保育園によって、それぞれ特色があります

保育園には私立と公立がある

保育園には、私立が経営している保育園と、公立が経営している保育園があります。公立の試験は自治体が請け負っていて、不定期に試験が行われるため私立に比べると倍率が高いです。また、初任給は私立の保育園のほうが高めです。しかし、公立には昇給制度があります。また、公立は勤務年数が長めなのにたいし、私立は短めなのが特徴です。そして、私立は民間が経営しているため、園によって特色があります。長く勤務したいのか、それとも試験の倍率が低いところがいいのか。どの点に重きを置くかによって、働く場所は違ってきます。

認可保育園か、それとも認可外保育園か

認可保育園は、国が定めたルールを満たしている保育園のことです。認可外保育園は、ルールを満たしていない保育園になります。認可外保育園は、託児所に近い存在です。深夜近くまで開園している園もあり、働く時間帯に幅があります。また、少人数で経営している場所などもありアットホームなところが多いのが特徴です。認可保育園は、給料や勤務時間帯などがハッキリとしているため安定しています。もちろん、無認可保育園だからダメというわけではありません。1つの働き先として、視野にいれてみるのもいいかもしれませんね。

パートやアルバイトもあります

保育士には、パートやアルバイトとして働く方法もあります。働く場所は正社員と同様です。資格が必要な場合もあれば、必要が無い場合もあります。その場合は給料に差がでます。パートやアルバイトとして働く場合は、保育士のサポートをすることが主な仕事内容です。勤務時間が短いところも多く融通がききます。そのため、専業主婦の方などが働きやすいです。資格が必要のない場所に勤務したら、働きながら経験を積むっことができ、保育士の資格を取得することも可能になりますよ。

保育士の求人なら東京で探してみてはいかがでしょう。求人の件数が豊富ですから、こだわりの条件に合う職場を見つけられます。